菊名神社トップページ
菊名神社について お祭り・行事 ご祈祷について 出張祭典について

ご祈祷について

  ご祈願のご案内
  各種ご祈祷と詳細
  神前結婚式について
  安産祈願
  初宮参りについて
  七五三詣について

 神前結婚式のご案内


雅楽の調べのなか、三献の杯を酌みかわす。神前で執り行われる古式ゆかしい結婚式は
お二人はもちろん、ご親族をはじめ列席されるすべての方の心に残る御式です。
その原形は神々や祖霊の前で古来からのしきたりにあったと伝えられています。
日本の伝統に、門出を重ねる感動。大いなる歴史と、お二人の人生の新たな第一歩が
ここにつながり、結ばれます。
由緒ある菊名神社が、荘厳な神前結婚式を心をこめてお手伝いさせていただきます。
また会席のお料理をご用意した心和むご披露宴(食事会)もどうぞお申し付け下さいませ。 


 神前結婚式の流れ


一.ご親族・御友人入場・着席

手洗いを行い清めた後、ご親族・御友人の順番で、入場・着席致します。


二.宮司・巫女・新郎・新婦・両家代表入場

宮司・巫女・新郎新婦・ご媒酌人・両家代表の順番で、入場・着席社殿内の神前に向って右側には新郎、左側には新婦が座ります。新郎方のご両親・ご親族は右側に、新婦側のご両親・ご親族は左側にお座りいただき、ご媒酌人は、新郎新婦の後方右側に、ご媒酌人婦人は左側に座ります。


三.修祓(しゅばつ)

修祓とは、神前式にさきがけて心身を祓い清めるお祓いのことです。
宮司の祓詞(はらいことば)奏上の後、新郎新婦をはじめ参列者全員は、大麻(おおぬさ)でお祓いを受けます。


四. 祝詞奏上(のりとそうじょう)

宮司により、菊名神社ご祭神に結婚のご報告と永遠の幸せをお祈りします。


五.誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦が神前で、誓いの詞(ちかいのことば)を読みあげます。


六.三献の儀(さんこんのぎ)

一般に「三三九度の盃」といわれる儀式。新郎新婦が、小・中・大の三つ重ねの盃で交互にお神酒を飲み交わし、夫婦の永遠の契りを結ぶ大切な儀式です。お神酒をいただくときは、最初の2口は盃を口につける程度にして、3口目でいただくようにします。


七.指輪交換(ゆびわこうかん)

神職が三方にのせた、おふたりの指輪をお持ちします。まず新郎が取り上げて新婦の左手薬指に。次に新婦が新郎の左手薬指に同様に納めます。


八.玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串とは、榊(さかき)の小枝に紙垂(しで)を付けたもので、神と人との意を繋ぐ役目をするものです。神職が玉串を新郎新婦にお渡し、おふたりが一緒に玉串案(たまぐしあん)の前まで進み、玉串の根元をご神前に向けてお供えします。二礼二拍手一礼(にれい にはくしゅ いちれい)の作法にて拝礼していただきます。


九.朝日舞(あさひまい)

楽人の演奏に合わせて、巫女がお祝いの舞を奉奏し、新郎新婦、ご参列者一同に福をお授けします。


十.鈴振りの儀(すずふりのぎ)

宮司により、菊名神社ご祭神の御恵をお分かち致します。 


十一.神酒拝載(しんしゅはいたい)

ご参列者に配られた盃に、巫女がお神酒を注ぎます。典儀の合図により、ご一同ご起立の上、 ご両家親族固めの盃を交わします。


十二.写真撮影

ご列席皆様にて記念撮影を致します。


 お支度


新郎・新婦の髪結いや着付け等のお支度いたします。事前にご予約が必要です。
神前結婚式ご予約時に、お申し付け下さい。


 神前結婚式のお申し込み


神前結婚式お申し込みの方は菊名神社社務所まで ご予約ください。
ご予約は電話でお願いします。

電 話  0 4 5 ( 4 3 1 ) 9 3 4 4


 会 食 に つ  い て


菊名神社では会食の行えるお部屋をご用意しております。お二人の門出をお祝いしましょう。
お料理代とお部屋代を頂きます。料金内容は会食のページをご覧ください。
※会食についてはこちら

 
 

菊名神社

がまんさま
神奈川県横浜市港北区菊名6-5-14
電 話 045(431)9344  FAX 045(431)9972
東急東横線・JR横浜線「菊名駅」東口から徒歩3分